パン ローソン 低糖質パン 低糖質食品 糖質制限

【糖質17.8g】ナチュラルローソン ベーコンマヨネーズパンは大ボリュームで低糖質


今回はローソンの新発売商品の「ベーコンマヨネーズパン」を紹介します。

最近は低糖質パンの発売がされていませんでしたが、また再び発売が始まったようです。

 

【2022年】ローソンの低糖質パンの全種類の実食レビュー【ロカボ、糖質制限】

 

スポンサーリンク

ベーコンマヨネーズパンとは?

食べ応えがあり、1個で大満足のベーコンマヨネーズパン。

ローソンHPより

商品名はシンプルですが、糖質はカットされた低糖質な商品になっています。

最近発売された、「メロンパン」、「つぶあんぱん」、「クリームパン」など非常にオーソドックスな商品名になっているのが特徴です。

ローソンの商品名の方針に変更があったのかもしれませんね。

【糖質18.5g】ローソン つぶあんぱん は低糖質でオーソドックスなあんぱん

 

スポンサーリンク

詳細


価格は税込み171円です。

最近の低糖質パンの価格帯は150円のものが多いので、ボリュームあることから若干お高めになっています。

 

栄養成分

 

成分(1個当たり)
成分 1個
カロリー 320 kcal
たんぱく質 8.6 g
脂質 21.0 g
炭水化物 30.2 g
 糖質 17.8 g
 食物繊維 12.4 g
食塩相当量 1.4 g

糖質量は17.6gと、ローソンの他の低糖質パンと比較して高めの部類です。

これは見た目から分かる通りボリュームがかなりあるので仕方ない点かもしれません。

同様にボリュームのある、糖質を少しカットしたパンなどと比較すると20g以下には収まっているので、ボリューム比で考えると通常の低糖質パンとそこまで高いというわけではなさそうです。

 

また、食物繊維が非常に豊富です。(他の最近発売されたパンと同じですね。)

 

原材料

原材料名 ミックス粉(植物性たん白、イヌリン、でん粉、植物油脂、小麦粉)(国内製造)、辛子入りマヨネーズ、小麦粉、ベーコン、マーガリン、砂糖、卵、パン酵母、脱脂粉乳、ナチュラルチーズ、発酵風味料、食塩/加工デンプン、酢酸Na、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、糊料(増粘多糖類)、リン酸塩(Na)、カゼインNa、イーストフード、香辛料抽出物、くん液、参加層資材(V.C)、V.C、発色剤(亜硝酸Na)、クチナシ色素、 (一部に乳成分、卵、小麦、大豆、豚肉、りんごを含む)

パンの原料としては、植物性たん白、イヌリンといったローソンお馴染みの低糖質パン原料が使用されています。

基本のパン原料は最近発売されたクリームパン、つぶあんぱん、メロパンとほぼ同じようです。

定番のブラン、もち麦粉も使用していないのが興味深いですね。

 

レビュー

お皿かはみ出すくらいのドーンというボリュームが迫力があります。

ベーコンがたっぷり載っています。

トッピングは上だけで、中には特に何も入っていません。

パンはもっちり柔らかめでかなり食べやすくなっています。

マヨネーズは辛子入りでピリッとした味わいになっていて、ベーコンとも相性がバッチリです。

パンのボリュームに負けないほど、しっかりとマヨネーズが塗ってあるのでパンだけ食べることにもならないのは良いですね。

逆にいうと、ちょっと全体的にマヨネーズが多くて油ギッシュなので人によっては好みが分かれるかも。

 

トーストしてみた

トーストしてみました。非常にこんがりと焼きあがって別のパンみたいです。

ふわふわだったパンがさっくりとした食感となって、また違った食感が楽しめるので飽きがこないと思います。

全体t系にボリューミーでこれ1個でかなり満腹になれます。

 

まとめ

評価になります。

評価

  • 味  :
  • 糖質量:
  • 満腹感:
  • 価格 :

総評

  • 非常にボリューミー
  • ぴりりと効いた辛子マヨネーズ
  • 糖質はそこそこ

非常にボリューミーで、これ1本で満腹になれます。

戊リューの割には糖質はしっかりと抑えめになっているので、糖質カットをしたい昼食などに最適ですね。

 

【2022年】ローソンの低糖質パンの全種類の実食レビュー【ロカボ、糖質制限】

 

スポンサーリンク

-パン, ローソン, 低糖質パン, 低糖質食品, 糖質制限

© 2022 nobu no blog Powered by AFFINGER5