パン ローソン 低糖質パン 低糖質食品 糖質制限

【糖質11.9g】ローソン たんぱく質が摂れるツナチーズパンはうまみたっぷりなのに低糖質

たんぱく質が摂れるツナチーズパン

こんにちは、のぶです!

ローソンの新発売商品のたんぱく質が摂れるツナチーズパンを紹介します。

結論から先に言うと、ツナとチーズという鉄板の組み合わせでおいしくて低糖質な、かなりオススメできるパンです。

 

スポンサーリンク

たんぱく質が摂れるツナチーズパンとは?

もち麦粉を入れた生地に、マヨドレッシングであえたツナフィリングと、シュレッドチーズを包み焼き上げました。たんぱく質が手軽に摂れる惣菜パンです。

ローソンHPより

 

低糖質なもち麦の生地を使用して、マヨネーズで和えたツナとチーズを組み合わせたパンのようです。

もち麦は、最近のローソンの低糖質パンでよく使用されている材料で、大麦の一種です。

大麦自体の糖質量は100gあたり、68.2gとなっており、小麦粉の73.2gとそこまで大きい差はありませんが、「糖質の吸収を抑える」を抑える効果があるため、総合的に糖質制限には向いている食材と言えます。

具材として使用されている、ツナもチーズもどちらも低糖質な食材なので、懸念点は何もありませんね。

 

スポンサーリンク

詳細

たんぱく質が摂れるツナチーズパン

価格は税込み150円です。

ローソンの低糖質パンの中では一般的な価格です。

 

栄養成分

栄養

成分(1個64gあたり)
成分 分量
カロリー 188 kcal
たんぱく質 13.1 g
脂質 9.0 g
炭水化物 15.2 g
 糖質 11.9 g
 食物繊維 3.3 g
食塩相当量 0.9 g

 

糖質量は11.9 gと他のローソンの低糖質パンと比較しても低めの部類。

食物繊維は他の低糖質パンと比較すると少なめですが、その分タンパク質が13.1gと非常に豊富です。

ローソンではタンパク質が多いパンは少ないので、特徴的ですね。

 

原材料

原材料

原材料名 ミックス粉(植物性たん白、大豆粉、大麦粉、でん粉、イヌリン、シトラスファイバー、小麦粉、植物油脂)(国内製造)、ナチュラルチーズ、かつお油入り水煮、ドレッシング、小麦粉、ショートニング、食塩、かつお油入り水煮調味液、パン酵母、乳化油脂、麦芽エキス、発酵風味料、こしょう、ライ麦粉/加工デンプン、糊料(増粘多糖類、加工デンプン)、酢酸Na、乳化剤、グリシン、調味料(アミノ酸等)、イーストフード、V.C、香辛料抽出物、酵素、(一部に乳成分、卵、小麦、オレンジ、大豆、りんごを含む)

 

もち麦粉だけではなく、低糖質なパンでは定番の大豆粉も使用されているようですね。

あとはイヌリンといった低糖質な甘味料(糖質量 7g /100 g)を使用しています。

それ以外には特段目立つような低糖質材料はなさそうです。

 

レビュー

見た目はハード系のパンになっています。

最近のローソンのもち麦を使用したパンと似たような雰囲気です。

焼かれたチーズがパンの中央の穴から見えてみますね。

たんぱく質が摂れるツナチーズパン

中には空洞になっていますが、ツナもぎっしり入っています。

たんぱく質が摂れるツナチーズパン

たんぱく質が摂れるツナチーズパン

まず第一印象として、ツナが非常においしいです!

こういったツナ系のパンのツナって味がなんとなく想像できると思いますが、それよりも味がしっかりしていつつ、しつこく無い味に仕上がっています。

マヨネーズのツナってどうしても油ぎっとりで濃い味というイメージがありますが、それとは違うのでかなり食べやすく旨味がぎゅっとつまっています。

パンもいつものもち麦のハードパンで食べ応えがあって満腹感があります。また、チーズとの相性もバッチリです。

 

まとめ

評価になります。

評価

  • 味  :
  • 糖質量:
  • 満腹感:
  • 価格 :

総評

  • 他のツナマヨ系とは違うしつこく無い味
  • パンも硬めで非常に食べ応えあり
  • 糖質は少ないのに食べ応えあり

低糖質と味と食べ応えの3拍子揃った優秀な低糖質パンです。

最近発売された低糖質パンの中では、一番のオススメです。

これならば、糖質制限中に気にせずに昼食などで食べて良いと思います。

 

下記でローソンの低糖質パンの全件レビューをしていますので、合わせてチェックしてみてください!

【2021年】ローソンの低糖質パンの全種類の実食レビュー【ロカボ、糖質制限】

スポンサーリンク

-パン, ローソン, 低糖質パン, 低糖質食品, 糖質制限

© 2022 nobu no blog Powered by AFFINGER5