ケロッグ シリアル 低糖質食品 糖質制限

ケロッグ糖質オフ グラノラ チョコ&ラズベリーはおいしいけどそんなに低糖質ではないので注意

糖質オフ グラノラ チョコ&ラズベリー

こんにちは、のぶです!

今回は日本ケロッグから新発売された、「糖質オフ グラノラ チョコ&ラズベリー」を紹介します。

パッケージにでかでかと書かれた、「ホテルニューオータニ グランシェフ監修」と「全額返金キャンペーン」が目立つパッケージの新商品です。

本ブログでも以前から何度か低糖質なシリアル、グラノラは紹介していますが、果たして本商品はどうでしょうか?

実食レビューしていきます。

【糖質量10.1g】ごろグラ糖質60%オフ チョコナッツ は激ウマでリピート決定

【糖質量23.6g】素材のごほうび 大豆フレークは糖質制限に向いているか、実食レビュー

 

スポンサーリンク

糖質オフグラノラ チョコ&ラズベリーとは?

ホテルニューオータニ グランシェフ監修。糖質オフ※でありながら一切味に妥協せず、おいしさを追求しました。

香ばしいグラノラのほのかな甘みと塩味、チョコレートキューブ、チョコレートフレーク、チョコレートグラノラ、ラズベリー、アーモンドスライス、かぼちゃの種が程よく合わさったグラノラです。

(※当社フルーツグラノラ朝摘みいちごとの比較)

ケロッグHPより

既成商品と比較して糖質オフにしました、といった商品は数多くありますが、有名ホテルのシェフが監修というのは目新しいですね。

また、特徴としてバラエティ豊かな具材が挙げられますね。

低糖質なグラノーラというのは具材の制限から大豆やナッツなど低糖質な原料を主要としたシンプルなものになりがちですが、本商品はバラエティ豊かな具材となっていますね。

ただ、個人的な経験では、こういった商品は味の方を優先しがちで、糖質はあまり低くない(20-30%程度カット)事が多いのですが、果たして本商品はどうなのか気になりますね。

ちなみにパッケージの裏側にはシェフのこだわりが載っています。

糖質オフ グラノラ チョコ&ラズベリー

主要な原料のイメージ写真も載っています。かなりバリエーション豊かでさすがシェフ監修ということでしょうか。

糖質オフ グラノラ チョコ&ラズベリー

 

商品詳細

糖質オフ グラノラ チョコ&ラズベリー

参考価格は税込574円です。

こういった商品は具材が無い系は300円、具材たっぷり系が500円くらいなので通常価格としては妥当な無弾です。

新商品ということもあってまだ高めの値段で売られていますが、セール時であれば400円前後で買えるようになるかもしれませんね。

 

原材料

原材料

原材料名 シリアル加工品(全粒オーツ麦、シリアルパフ(米粉、小麦粉、オーツ粉、小麦ブラン、コーンフラワー、オーツ麦ブラン、砂糖、麦芽粉、食塩、ココアパウダー)、植物油脂、フラクトオリゴ糖、大麦、小麦粉、ココナッツパウダー、砂糖、麦芽エキス、食塩、水あめ、ココアパウダー、チョコレート、蜂蜜、脱脂粉乳、キャラメル)(ベルギー製造)、シリアルフレーク(精米、全粒小麦、砂糖、小麦ブラン、チョコレート、ぶどう糖果糖液糖、水溶性食物繊維、ココアパウダー、麦芽エキス、食塩)、かぼちゃの種、アーモンド、チョコレート加工品(チョコレート、植物油脂、乳糖、還元水あめ、ココアバター、ココアパウダー、脱脂濃縮乳)、ドライラズベリー/香料、ビタミンC、ピロリン酸鉄、ナイアシン、トコフェロール酢酸エステル、乳化剤(大豆を含む)、増粘剤(キサンタンガム)、鉄、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD

バラエティ豊かな具材ということで、非常に多くの原材料が使用されていますね。

パッと目につく低糖質な食材は小麦ブランくらいでしょうか。

小麦ブランはローソンの低糖質パンを筆頭に、様々な低糖質な食品に使われている王道の食材ですね。

 

栄養成分

栄養成分

成分
成分 本商品の成分(40g) 参考(日清ごろっとグラノラ 50g)
カロリー 166 kcal 211 kcal
たんぱく質 3.7 g 13.5 g
脂質 5.5 g 11.3 g
炭水化物 28.5 g 22.0 g
 糖質 22.5 g 11.1 g
 食物繊維 6.0 g 10.9 g
食塩相当量 0.3 g 0.11 g

比較として以前紹介した、日清のごろっとグラノラ チョコナッツの成分を載せています。

材料の時点であまり低糖質なものがあまり使われていなかったので予想はできましたが、糖質量は22.5gとそこまで低くない結果となっています。(日清は11.1g)

ケロッグの糖質オフでないグラノラの糖質が30g前後なので、多少は少なくなっています程度のレベルですね。

シェフが監修しているだけにやはり味優先ということなのでしょうか。

注意点としてこちらは牛乳を含んでいない糖質なので、牛乳を使用すると+10gくらい糖質が増えます。

糖質を気にする方は牛乳を使用せずに、低糖質な無調整豆乳を使用することをオススメします。

無調整豆乳ならば、200mlでも+3g程度の糖質量となります。

 

レビュー

見た目はチョコっぽい黒をベースとした色調ですが、ラズベリーの赤やかぼちゃの種の緑など豊かな彩になっています。

糖質オフ グラノラ チョコ&ラズベリー

豆乳を入れたものになります。前述の通り、糖質を気にするならば無調整の低糖質豆乳がオススメです。

スプーンでひとすくいしてみましたが、非常に幅広い具材が入っていますね。

糖質オフ グラノラ チョコ&ラズベリー

全体的に具材は小粒で食べやすく仕上がっていますね。

ザクザクのグラノラらしい食感がしっかりとあって、食べがいがあります。

ザクザクの食感だけではなく、パフの柔らかい食感もあってバラエティ豊かです。

ココアとチョコを中心とした甘さの中にベリーの酸味がちょうど良いアクセントになっていて、さすがシェフ監修といった味わいです。

 

スポンサーリンク

まとめ

評価になります。

評価

  • 味  :
  • 糖質量:
  • 満腹感:
  • 価格 :

総評

  • バラエティ豊かな具材と味が楽しめる
  • ザクザクな食感とパフのサクサクした柔らかい食感
  • 糖質は低くくない

シェフ監修や全額返金をうたうだけあって、バラエティ豊かで非常に高いクオリティに仕上がっているグラノラです。

惜しい点は、あまり低糖質ではない点です。

通常ラインの商品よりも少しだけ糖質を減らしましたタイプの商品で、糖質制限ダイエットの食事としては微妙です。

糖質オフをうたうならば、15gは切って欲しかったです。

糖質制限をしたいという人であれば、日清のごろっとグラノラの糖質オフの2種類をオススメします。

とはいえ、味は抜群に良いので、少しだけ糖質を気にしている程度の人であればかなり良い商品だと思います。

スポンサーリンク

-ケロッグ, シリアル, 低糖質食品, 糖質制限

© 2022 nobu no blog Powered by AFFINGER5