パン ローソン 低糖質パン 低糖質食品 糖質制限

【糖質9.9g】ローソン もち麦のチーズフランスパンは低糖質で超オイシイのでオススメ!

こんにちは、のぶです!

ローソンの新発売商品のもち麦のチーズフランスパンを紹介します。

 

スポンサーリンク

もち麦のチーズフランスパンとは?

3種類のチーズを組み合わせ、チーズのコクを味わうチーズパン。お昼におすすめ。

ローソンHPより

 

低糖質なもち麦の生地を使用し、チーズをふんだんに使用したパンのようですね。

もち麦は、最近のローソンの低糖質パンでよく使用されている材料で、大麦の一種です。

大麦自体の糖質量は100gあたり、68.2gとなっており、小麦粉の73.2gとそこまで大きい差はありませんが、「糖質の吸収を抑える」を抑える効果があるため、総合的に糖質制限には向いている食材と言えます。

 

チーズは低糖質な食材として、定番の原料です。

下記にチーズの糖質の例を載せておきます。低糖質なことがおわかりいただけるかと思います。

糖質量(100gあたり)

プロセスチーズ:1.3g
クリームチーズ:2.4g
カマンベール:0.9g
コーダ:1.4g
日本食品標準成分表2015年版(七訂)より

 

スポンサーリンク

詳細

価格は税込み135円です。

ローソンの低糖質パンパンは150円のものが多いので、少しだけですが安価ですね。

チーズとパンというシンプルな原料なのでお安くできたのかも。

 

栄養成分

 

成分(1個あたり)
成分 分量
カロリー 172 kcal
たんぱく質 10.6 g
脂質 8.0 g
炭水化物 19.0 g
 糖質 9.9 g
 食物繊維 9.1 g
食塩相当量 1.2 g

 

糖質量は9.9 gと他のローソンの低糖質パンと比較しても低糖質です。

もち麦にチーズと、低糖質な原料しか使用していないのでやはり低糖質にしっかりと仕上がっていますね。

タンパク質と食物繊維も豊富で申し分なしですね!

 

原材料

原材料名 チーズクリーム(国内製造)、植物性たん白、プロセスチーズ、ナチュラルチーズ、ショートニング、大豆粉、小麦粉、大麦粉(もち麦粉)、でん粉、食塩、パン酵母、イヌリン、麦芽エキス、植物油脂、シトラスファイバー、発酵風味料、ライ麦粉/加工デンプン、糊料(加工デンプン、増粘多糖類)、酢酸Na、グリセリン、乳化剤、pH調整剤、香料、イーストフード、V.C、グリシン、酵素、(一部に乳成分、卵、小麦、オレンジ、大豆を含む)

 

もち麦粉だけではなく、低糖質なパンでは定番の大豆粉も使用されているようですね。

あとはイヌリンといった低糖質な甘味料(糖質量 7g /100 g)を使用しています。

チーズとしては、チーズクリーム、プロセスチーズ、ナチュラルチーズの3つが使用されていますね。 (もちろん低糖質)

 

レビュー

ハード系のパンの中央の切り込みにチーズがトッピングされているのが見えますね。

クリーム上のチーズの中に四角いごろごろとしたチーズが入っています。

もっちりとしたフランスパンは噛みごたえがしっかりあり、食べ応えがあります。

チーズのコクがすごく効いていて、塊状のチーズの味が際立っていますね。

対してまんべんなく塗られたクリームチーズがまろやかな風味で、対比的でメリハリが効いています。

こういったパンは味が単調になりがちですが、バラエティ豊かなチーズのおかげで飽きがなく食べられます!

 

まとめ

評価になります。

評価

  • 味  :
  • 糖質量:
  • 満腹感:
  • 価格 :

総評

  • もっちりとしたフランスパン
  • チーズのコクが効いて、飽きない
  • 糖質も低い

もち麦粉とチーズという低糖質な食材を使いつつ、バラエティ豊かなチーズによって飽きが来ない味わいになっているパンです。

個人的にはかなりヒットした商品です。しばらくリビ買い決定ですね。

糖質は低く抑えつつ食べ応えもあるので、糖質制限中の食事として申し分なしにオススメです!

 

下記でローソンの低糖質パンの全件レビューをしていますので、合わせてチェックしてみてください!

【2022年】ローソンの低糖質パンの全種類の実食レビュー【ロカボ、糖質制限】

スポンサーリンク

-パン, ローソン, 低糖質パン, 低糖質食品, 糖質制限

© 2022 nobu no blog Powered by AFFINGER5