パン ローソン 低糖質パン 低糖質食品 糖質制限

【糖質12.8g】ローソン もち麦のあらびきソーセージフランスは低糖質でもちもち食べ応えあり


今回はローソンの新発売商品のローソン もち麦のあらびきソーセージフランスを紹介します。

 

スポンサーリンク

もち麦のあらびきソーセージフランスとは?

香ばしく焼き上げたもち麦のフランスパンとジューシーなあらびきソーセージ。

ローソンHPより

 

ローソンにおいて、ブランパンに続く定番の低糖質パン原料のもち麦を使用したフランスパンにソーセージをサンドしたパンのようです。

以前から、2021年にも同様なパンが発売されておりそのリファイン版にあたるかと多います。

ローソンの新商品、もち麦のあらびきソーセージパンは低糖質でも食べ応えあり

 

スポンサーリンク

詳細

価格は税込み135円です。

最近の低糖質パンは150円前後がのものが多いので、安い部類になるかと思います。

 

栄養成分

 

成分
成分 1個
カロリー 165 kcal
たんぱく質 9.0 g
脂質 6.7 g
炭水化物 21.3 g
 糖質 12.8 g
 食物繊維 8.5 g
食塩相当量 1.3 g

糖質量は1個で12.3gと、そこそこの低糖質。

2021年の商品では、9.8gだったので増加していますが、パンの大きさや原料の変更などによる影響でしょうか。

 

カロリーはこのような惣菜パンとしては低い部類で、食物繊維もたんぱく質も豊富なので、栄養面でも素晴らしいです。

 

原材料

原材料名 ソーセージ(国内製造)、小麦粉、ミックス粉(植物性たん白、大豆粉、大麦粉(もち麦粉)、でん粉、イヌリン、シトラスファイバー、小麦粉、植物油脂)、トマトケチャップ、ショートニング、食塩、パン酵母、乳化油脂、麦芽エキス、発酵風味料、ライ麦粉/加工デンプン、糊料(増粘多糖類、加工デンプン)、酢酸Na、pH調整剤、乳化剤、グリシン、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(V.C)、カゼインNa、イーストフード、発色剤(亜硝酸Na)、V.C、酵素、(一部に乳成分、卵、小麦、オレンジ、牛肉、大豆、とり肉、豚肉、ゼラチンを含む)

商品名はもち麦となっていますが、原料には小麦粉、大豆粉、植物性たん白も使用されていますね。

大豆粉は大豆から作った低糖質な粉で、ローソン問わず多くの低糖質パンやお菓子で使用されています。

植物性たん白は小麦などの原料からタンパク質を中心に取り出したもので、糖質部分は除外されているので低糖質です。

2021年の商品と比較すると小麦粉の成分が増加しているので、その影響で糖質が増えているのかもしれませんね。

 

それ以外にも食物繊維や甘味料として、イヌリン、といったものが使用されています。

これらは体内に吸収されにくい成分となっていて、甘味などがありつつも血糖値が上昇しない(=>糖質が低い)効果があるため、低糖質なお菓子を中心に多く使用されています。

 

また、原料からも以前はマスタードが使用されていましたが、代わりにケチャップを使用していますね。

 

レビュー

オーソドックスなフランスパンで、粉もしっかりとふってあります。

穴からはソーセージが見えますね。

パンの中には、1本まるまるのソーセージが入っています。

フランスパンはもちもちとした食感もありつつ、フランスパンらしい程よい固さもあって食べ応えがあります。

ソーセージはパリッとした食感があり、フランスパンのもちもち食感に対して良いアクセントになっていますね。

 

味としては、ソーセージ自体はケチャップの味は薄く、素材本来の味が強めと感じました。

2021年のものと比較すると、マスタードがなくなって食べやすくなったものの、ソーセージ自体は細くなってしまったように感じますね。

 

まとめ

評価になります。

評価

  • 味  :
  • 糖質量:
  • 満腹感:
  • 価格 :

総評

  • もちもちで固さもある食べ応えのあるフランスパン
  • パリパリでジューシーなソーセージ
  • そこそこ低糖質

食べ応えおあるフランスパンとソーセージという鉄板の組み合わせで糖質も低いため、糖質制限中の食事ににピッタリです。

 

【2022年】ローソンの低糖質パンの全種類の実食レビュー【ロカボ、糖質制限】

 

スポンサーリンク

-パン, ローソン, 低糖質パン, 低糖質食品, 糖質制限

© 2022 nobu no blog Powered by AFFINGER5