ローソン 低糖質パン 低糖質食品 糖質制限

ローソンの新商品、もち麦のあらびきソーセージパンは低糖質でも食べ応えあり

もち麦パッケージ

こんにちは、のぶです!

ローソンの新発売商品のもち麦のあらびきソーセージパンを紹介します。

 

まず、結論として食べ応えもあり糖質制限中の人にオススメのパンです。

 

スポンサーリンク

もち麦のあらびきソーセージパンとは?

もち麦粉を入れ糖質を抑えた生地に、あらびきソーセージと粒マスタードを包んで香ばしく焼き上げました。

ローソンHPより

低糖質なもち麦粉を使用したハード系のパンに、ソーセージを挟み込んだパンです。

もち麦は最近のローソンの低糖質パンに多く使用されていますが、実は100gあたりの糖質量は65.2gとそこまで低糖質ではありません。

ですが糖質の吸収を抑え、食後の血糖値上昇を抑える特徴があるとされおり、糖質量以上に糖質制限の効果が期待できるという事ですね。

下記の記事でももち麦を使用したローソンの低糖質パンの紹介をしていますので参照ください。

ローソンの新商品 もち麦のトマトクリームチーズはたったの糖質6.5g

ローソンのもち麦のあんバターブレッドは最強の低糖質パン?

 

スポンサーリンク

詳細

もち麦パッケージ

価格は税込み150円です。

徐々に値上げされて、すっかりこの価格帯が普通になってしまいましたね。

 

栄養成分

成分

成分(1個あたり)
成分 分量
カロリー 155 kcal
たんぱく質 9.1 g
脂質 8.1 g
炭水化物 13.8 g
 糖質 9.1 g
 食物繊維 4.7 g
食塩相当量 1.2 g

糖質量は9.1 gとローソンの低糖質パンの中でも、かなり低糖質です。

最近は10gを切る低糖質パンが増えてきましたね。

のぶ(管理人)
カロリーも低めです。通常のダイエットにも向いていますね。

 

原材料

栄養成分

原材料名 ソーセージ(国内製造)、ミックス粉(植物性たん白、大豆粉、大麦粉(もち麦粉)、でん粉、イヌリン、シトラスファイバー、小麦粉、植物油脂)、マスタード、小麦粉、ショートニング、食塩、パン酵母、乳化油脂、麦芽エキス、発酵風味料、ライ麦粉/加工デンプン、糊料(増粘多糖類)、pH調整剤、乳化剤、酢酸Na、調味料(アミノ酸等)、グリシン、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(V.C)、カゼインNa、イーストフード、発色剤(亜硝酸Na)、V.C、香辛料抽出物、酵素、(一部に乳成分、卵、小麦、オレンジ、牛肉、大豆、とり肉、豚肉、りんご、ゼラチンを含む)

もち麦粉の他にも、低糖質な大豆粉も多く使用されているようです。

糖質量がそこまで低くないもち麦粉を使用しても、低糖質なおかげなのはこのせいかもしれません。

他には、イヌリンといった低糖質な甘味料(糖質量 7g /100 g)も使用されていますね。

 

レビュー

ハード系のパンといった見た目で、中にソーセージが入っているのがわかります。

もち麦パン

ソーセージは細めで中にマスタードの粒が見えます。

断面

パンは意外にも柔らかく、もちもちしていて、噛み応えがあり満腹感があります。

マスタード感はそんなに無いので、マスタードが苦手な人でも大丈夫です。(私はマスタードがあまり好きでは無いので嬉しいポイントでした。)

ウインナーはオーソドックスな味ですが、長くて食べ応えありです。

 

まとめ

総評と評価になります。

評価

  • 味  :
  • 糖質量:
  • 満腹感:
  • 価格 :

総評

  • もちもちで食べ応えありのパン生地
  • マスタード感は少なくて食べやすい
  • 非常に低糖質 (9.1 g)

食べ応えもあり、非常に低糖質で糖質制限中の食事パンとしても非常に優秀です。

マスタード感も少なくてクセがなくて食べやすいので万人におすすめできます。

 

下記でローソンの低糖質パン全種類をレビューしていますので合わせてご確認ください。

【2020年】ローソンの低糖質パンの全種類の実食レビュー【ロカボ、糖質制限】

 

スポンサーリンク

-ローソン, 低糖質パン, 低糖質食品, 糖質制限

© 2022 nobu no blog Powered by AFFINGER5