パン ローソン 低糖質パン 低糖質食品 糖質制限

【糖質8.8g】もち麦のチーズフランスパンは糖質制限向き?実食レビュー【ローソン】

もち麦のチーズフランスパン

こんにちは、のぶです!

ローソンの新発売商品のもち麦のチーズフランスパンを紹介します。

 

スポンサーリンク

もち麦のチーズフランスパンとは?

もち麦粉を入れた生地に、角切りチーズとシュレッドチーズを包み焼き上げました。

ローソンHPより

 

低糖質なもち麦の生地を使用して、2種類のチーズを含んだフランスパンということのようです。

もち麦は、最近のローソンの低糖質パンでよく使用されている材料で、大麦の一種です。

大麦自体の糖質量は100gあたり、68.2gとなっており、小麦粉の73.2gとそこまで大きい差はありませんが、「糖質の吸収を抑える」を抑える効果があるため、総合的に糖質制限には向いている食材と言えます。

具材で使用されているチーズの糖質量は、種類によりますが、100gあたり1g以下程度で糖質制限中に最適の食材です

ちなみに、シュレッドチーズというのはチーズの種類ではなく、角切りチーズのようにチーズの形状の事で、シュレッダーで裁断した紙のように細かく裁断したチーズのことを言います。

スポンサーリンク

詳細

もち麦のチーズフランスパン

価格は税込み150円です。

ローソンの低糖質パンの中では一般的な価格です。

 

栄養成分

もち麦のチーズフランスパン栄養成分

 

成分(1個あたり)
成分 分量
カロリー 174 kcal
たんぱく質 12.1 g
脂質 8.8 g
炭水化物 14.2 g
 糖質 8.8 g
 食物繊維 5.4 g
食塩相当量 1.1 g

 

糖質量は8.8 gと他のローソンの低糖質パンと比較してもかなり低糖質です。

もち麦粉に、チーズという鉄板の材料だけにこの低糖質にもうなずけます。

 

原材料

もち麦のチーズフランスパン素材

原材料名 プロセスチーズ(国内製造)、ナチュラルチーズ、植物性たん白、小麦粉、大豆粉、ショートニング、大麦粉(もち麦粉)、でん粉、食塩、パン酵母、イヌリン、シトラスファイバー、麦芽エキス、植物油脂、発酵風味料、ライ麦粉/加工デンプン、乳化剤、酢酸Na、糊料(増粘多糖類)、グリシン、イーストフード、V.C、酵素、(一部に乳成分、卵、小麦、オレンジ、大豆を含む)

説明にはありませんが、ミックス粉には低糖質な大豆粉も使用されています。

(この辺りは最近のローソンのもち麦系パンでは定番ですね。)

あとはイヌリンといった低糖質な甘味料(糖質量 7g /100 g)を使用しています。

 

のぶ(管理人)
原料は他のパンと比較しても少なめでシンプルです。

 

レビュー

ハード系のパンに中が空洞になっていて、チーズが見えます。

パンも大きいので、食べ応えがありそうです。

もち麦のチーズフランスパン

中には、角切りのチーズがごろごろ入っているのが確認できます。

シュレッドチーズは溶けて底に張り付いている感じですね。

もち麦のチーズフランスパン

食感は他のもち麦のフランスパン系と同じで、もちもちで噛みごたえがあり満腹感があります。

味はチーズに少しクセがあり、最初の1口目は少し違和感がありました。(普通のチーズとは違うものが使用されている?)

2口目には慣れて難なく食べれました。こういったパンで使用されるクセの無いチーズを期待すると驚くかも。

全体的にシンプルな味で、飽きが来ないので個人的には好みです。

 

まとめ

評価になります。

評価

  • 味  :
  • 糖質量:
  • 満腹感:
  • 価格 :

総評

  • パンが食べ応えあり
  • チーズにクセがあるので好みがわかれるかも
  • 糖質はかなり低い

糖質が低いにもかかわらず、食べ応えのあるパンでかなり満足感が高いです。

糖質制限中には間違いなくオススメ!

チーズに少しクセがあるので、人によっては好みが分かれるかもしれません。

下記でローソンの低糖質パンの全件レビューをしていますので、合わせてチェックしてみてください!

【2021年】ローソンの低糖質パンの全種類の実食レビュー【ロカボ、糖質制限】

スポンサーリンク

-パン, ローソン, 低糖質パン, 低糖質食品, 糖質制限

© 2022 nobu no blog Powered by AFFINGER5