ローソン 低糖質食品 糖質制限

ローソンのブランのしっとりスコーンは低糖質で食べ応えあり?

ブランのしっとりスコーン

こんにちは、のぶです!

ローソンといえばロカボ(低糖質)なパンが有名ですが、低糖質なスイーツ焼き菓子を紹介します。

マチカフェ(MACHI cafe)といったコーヒー系の飲料と一緒に食べられる焼き菓子系のスイーツが展開されており、その中の一部が低糖質な商品となっていて、その中の1つが今回紹介するブランのしっとりスコーン 〜乳酸菌入〜となります。

前回は同じシリーズのバウムクーヘンを紹介していますので、そちらも合わせて見ていただければと思います。

ローソンのマチカフェ、ブランのバウムクーヘンは低糖質でしっとりおいしい

 

スポンサーリンク

ブランのしっとりスコーンとは?

ブラン入りのしっとりとした食感の低糖質スコーン2個入りです。クルミ入りのメープル風味です。乳酸菌を配合しました。

ローソンHPより

商品詳細

ブランのしっとりスコーン

2個入りで価格は税込み170円です。

バウムクーヘンもそうですが、低糖質パンと比較すると若干ですがお高めの価格帯となっていますね。

 

原材料

ブランのしっとりスコーン原材料

原材料名 乳等を主要原料とする食品(国内製造)、ミックス粉(小麦粉、大豆粉、食物繊維、小麦たんぱく粉末、でん粉、大麦粉、米糠、オーツブラン粉末、食塩、シトラスファイバー、乳酸菌)、小麦粉、クルミ、砂糖、澱粉、難消化性デキストリン、卵、ショートニング、メープルシロップ加工品/加工澱粉、膨張剤、乳化剤、pH調整剤、カラメル色素、増粘多糖類、香料、塩化物(K,Mg)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、(一部に卵、小麦、乳成分、大豆、オレンジ、くるみを含む)

商品説明にはありませんが、ブランの他にもミックス粉の原料として大麦粉、大豆粉が使用されています。

こちらもローソンの低糖質パンでは定番の材料で、培ったノウハウを活かした商品といえますね。

他には食後の血糖値の上昇を抑える、「難消化性デキストリン」が使用されていますね。

一方で、甘味料に関しては低糖質食品における定番の甘味料は使われていないようです。

 

栄養成分

ブランのしっとりスコーン栄養

成分
成分 1個 2個
カロリー 95 kcal 190 kcal
たんぱく質 1.7 g 3.4 g
脂質 5.5 g 11.0 g
炭水化物 12.0 g 24.0 g
 糖質 7.5 g 15.0 g
 食物繊維 4.5 g 9.0 g
食塩相当量 0.16 g 0.32 g

糖質量は1個7.5gで、2個になると15.0gなので低糖質な食品の中ではオーソドックスな量と言えます。

ただ、同じシリーズのバウムクーヘンが5.5gなのと比較するとちょっとお高めに感じてしまいますね。

ブランを主に使用しているだけに、食物繊維が高いのは嬉しいところですね。

 

レビュー

商品名にある通り、触ってみてもしっとりしています。

一般的なカチカチのスコーンとはちょっと違う感じですね。

大きさは一口サイズで小さいです。

ブランのしっとりスコーン

中身も表面以上にしっとりしていて、詰まっています。

おかげで見た目の大きさ以上に満腹感はありますね。

ブランのしっとりスコーン

ブランの風味は少しだけという感じで、違和感なく食べられます。

素朴な甘味にくるみの苦味がアクセントになっていて良い感じです。

こちらもマチカフェだけに一緒にコーヒーが飲みたくなりますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

ブランのしっとりスコーンの評価になります。

評価

  • 味  :
  • 糖質量:
  • 満腹感:
  • 価格 :

総評

  • 非常にしっとりした食感
  • 甘味とくるみの苦味がマッチ
  • 糖質はそこそこ

しっとりしていて、一般的なスコーンとは異なる商品ですね。

サイズは小さいですが、中身が詰まっていて思った以上に満腹感があります。

小腹がすいた時に低糖質なおやつとしてオススメできそうです。

 

【2021年】ローソンの低糖質パンの全種類の実食レビュー【ロカボ、糖質制限】

スポンサーリンク

-ローソン, 低糖質食品, 糖質制限

© 2022 nobu no blog Powered by AFFINGER5