バウムクーヘン ローソン 低糖質食品

ローソンのマチカフェ、ブランのバウムクーヘンは低糖質でしっとりおいしい

ブランのバウムクーヘン

こんにちは、のぶです!

ローソンといえばロカボ(低糖質)なパンが有名ですが、今回は低糖質なスイーツ焼き菓子を紹介します。

マチカフェ(MACHI cafe)といったコーヒー系の飲料と一緒に食べられる焼き菓子系のスイーツが展開されており、その中の一部が低糖質な商品となっていて、その中の1つが今回紹介するブランのバウムクーヘンとなります。

 

スポンサーリンク

ブランのバウムクーヘンとは?

ブラン入りの低糖質のバウムクーヘンです。発酵バター風味に変更し、乳酸菌を配合しました。

ローソンHPより

商品詳細

ブランのバウムクーヘン

価格は税込み170円です。

低糖質パンは高くても150円くらいが多いので、それと比較するとちょっとお高めですね。

 

原材料

ブランのバウムクーヘン原材料

原材料名 液全卵(国内製造)、ショートニング、ミックス粉(大豆粉、小麦たんぱく、食物繊維、米糠、オーツブラン、食塩、シトラスファイバー、乳酸菌)、バター、加藤卵黄、アーモンドパウダー、エリスリトール、乳等を主要原料とする食品、油脂加工食品/加工澱粉、乳化剤、膨張剤、グリシン、酒精、香料、増粘多糖類、甘味料(スクラロース)、pH調整剤、(一部に卵、小麦、乳成分、アーモンド、オレンジを、大豆を含む)

商品説明にはありませんが、ブランの他にもミックス粉の原料として大豆粉が使用されています。

こちらもローソンの低糖質パンでは定番の材料です。

他には低糖質を実現するための甘味料として、「エリスリトール 、スクラロース」が使用されていますね。

エリスリトールは、体内に吸収されにくい甘味料で栄養成分上、糖質としてカウントされますが実質的には糖質量は0gとして扱って良いと考えられています。ですので、多くの商品ではエリスリトールを除いた糖質量を合わせて載せている事が多いです。

本商品ではどの程度かは記載が無いので気になりますね。

 

栄養成分

ブランのバウムクーヘン栄養成分

成分(1個あたり)
成分 成分
カロリー 188 kcal
たんぱく質 5.4 g
脂質 14.1 g
炭水化物 9.9 g
 糖質 5.7 g
 食物繊維 4.2 g
食塩相当量 0.38 g

糖質量は5.5gと非常に少ないです。

エリスリトール分の糖質量が含まれている事を考えると実際はさらに低いことになるので、かなり優秀な低糖質スイーツと言えます。

 

レビュー

大きさは思っていたよりもちょっと小さいですね。

ブランのバウムクーヘン

手に持ってもしっとりしているのがわかります。

ブランのバウムクーヘン

ブランの風味は少しだけという感じで、違和感なく食べられます。

甘味は控えめで、しっっとりしているおかげで口の水分が持っていかれる感じは少なくて水無しでも行けます。

やはりサイズが小さめなので、もうちょっと大きいと嬉しいのが感想になりますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

ブランのバウムクーヘン評価になります。

評価

  • 味  :
  • 糖質量:
  • 満腹感:
  • 価格 :

総評

  • しっとりしていて食べやすい
  • 甘味は控えめ
  • 低糖質(5.7g)

さすがローソンと言える、非常に低糖質なバウムクーヘンに仕上がっています。

ブラン特有の苦味等も無く、甘味が控えめなおいしいスイーツです。

マチカフェというだけに、コーヒと一緒に食べると相性抜群ですね。

値段が少しお高めなのとボリュームが少ないのがネックですが、小腹が空いた時にちょうど良い低糖質なおやつです。

 

【2021年】ローソンの低糖質パンの全種類の実食レビュー【ロカボ、糖質制限】

スポンサーリンク

-バウムクーヘン, ローソン, 低糖質食品

© 2022 nobu no blog Powered by AFFINGER5