ローソン 低糖質食品 冷凍食品 糖質制限

野菜を食べる生パスタ(トマトソース) 実食レビュー。低糖質なのかどうか。

パッケージ画像

こんにちは、のぶです!

ローソンの冷凍食品、野菜を食べる生パスタ(トマトソース)を紹介します。

 

以前紹介した、彩り野菜と熟成ベーコンのピッツァと同じ冷凍食品のシリーズになります。

こちらは低糖質ながらしっかりとした食べ応えのあるピッツァでしたが本商品はどうでしょうか。

ローソン、彩り野菜と熟成ベーコンのピッツァは低糖質ながら本格的なピザ

スポンサーリンク

野菜を食べる生パスタとは?

トマトの粉末を練り込んだ、彩りのよいもちもち食感の生パスタ。難消化性でんぷんを使用し、糖質、カロリーを抑えた商品です。うまみたっぷりのトマトソースに、揚げなす、赤・黄パプリカをトッピングした野菜を楽しむパスタです。

ローソンHPより

難消化性のでんぷんを使用したパスタを使用することで、糖質を抑えた商品ということですね。

難消化性でんぷんとは、別名レジスタントスターチと言われ、腸内細菌を活性化させ、便秘改善、血中コレステロールや中性脂肪の減少、血糖値の急上昇を抑制する効果があると言われています。

 

スポンサーリンク

詳細

パッケージ画像

価格は税込み298円です。

ローソンの冷凍食品のプライスラインが200-300円台となので、一般的な価格と言えます。

ただ、冷凍パスタ単品として見るとちょっとお高めですね。

 

栄養成分

栄養成分

成分(1個あたり)
成分 分量
カロリー 290 kcal
たんぱく質 10.2 g
脂質 10.7 g
炭水化物 42.4 g
 糖質 33.8 g
 食物繊維 8.5 g
食塩相当量 1.8 g

 

糖質量は33.8gとなっており、ちょっとお高めです。

ちなみに一般的なトマトソースパスタは糖質量が80g程度と言われているのでそれと比べると低いとは言えます。

(参考)

のぶ(管理人)
カロリーは300kcal以下で少ないのは嬉しいですね。

 

原材料

原材料

原材料名 トマト・ジュースづけ、グリルパプリカ、揚げなす、ソテーオニオン、植物油脂、野菜(にんじん、にんにく、セロリ)、ショートニング、砂糖、ポークエキス、食塩、香味油、香辛料、チキンコンソメ、めん(小麦粉、植物師たん白、でん粉、トマトパウダー、卵白粉/加工でん粉、紅麹色素)/増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、グリシン、乳化剤、パプリカ色素、酢酸Na、pH調整剤、(一部に小麦、卵、乳成分、大豆、鶏肉、豚肉、りんごを含む)

商品説明にもあった、難消化性でんぷん(でん粉)を使っているようですが、それ以外には特に低糖質特有の材料などは入っていなさそうです。

 

レビュー

パッケージを開封するとトレーに冷凍されたパスタが一式入っています。

開封前

左下を点戦までめくって電子レンジで温めます。時間は500Wで5分30秒、600Wで4分30秒。

調理方法

こちらがレンチン後の姿。トマトの香りが強く、食欲がそそられます。

レンチン後

揚げなすとパプリカといった野菜がごろごろと入っていて、食べ応えがありそうです。

中身

全般的にトマトソースの甘さが際立っています。

パスタはもちもちでトマトソースの酸味と野菜とも相性はバッチリです。

ボリュームも結構あるので食べ応えもあります。

中身

 

まとめ

野菜を食べる生パスタ(トマトソース)の総評と評価になります。

評価

  • 味  :
  • 糖質量:
  • 満腹感:
  • 価格 :

総評

  • もちもちのパスタと甘味と酸味の効いたトマトソースがおいしい
  • 野菜もたっぷり。満腹感もあり
  • 糖質量はちょっとお高め

低糖質なパスタを使用していますが、もちもちで通常のパスタと遜色無い食べ応えのあるトマトパスタです。

低糖質に特化した食品では無いので、糖質量は33.8gと糖質制限中にはあまり積極的に食べられるものではありません。

糖質制限中に1食だけ少し満足感を得たい時などに食べると良いかもしれません。

 

スポンサーリンク

-ローソン, 低糖質食品, 冷凍食品, 糖質制限

© 2022 nobu no blog Powered by AFFINGER5