ローソン 低糖質パン 糖質制限

ローソンの新商品、ブランのチョコホイップパンはボリューム大で低糖質

パッケージ

こんにちは、のぶです!

ローソンの新発売商品のブランのチョコホイップパンを紹介します。

結論としては、ボリューム大で食べ応えありながら低糖質なオススメパンです。

 

スポンサーリンク

ブランのチョコホイップパンとは?

ふすまの味わいを抑え食べやすいブラン生地に、チョコクリームを包みアーモンドをトッピング。焼成後にチョコホイップを注入しました。低糖質ながらもチョコの味わいを楽しめる仕立てです。

ローソンHPより

 

ローソンの低糖質パンの定番材料のブラン(小麦ふすま)を使用して、2種類のチョコクリームを使用した贅沢なパンと言えます。

ブラン(小麦ふすま)は100g辺りの糖質量が0.4gといった圧倒的な低糖質がウリの素材です。

ブランのより詳細な効果や詳細は下記のブランパンの記事で説明していますので、興味がある方は参照してみてください。

【糖質制限に最適】ローソンのブランパンのレビュー【糖質2.2g】

 

ちなみに以前似たような商品として、ブランのヨーグルトホイップパンといった商品も発売されていました。

こちらも低糖質で食べ応えがある商品でしたので本商品も期待ができます。

ブランのヨーグルトホイップパンはローソンの低糖質技術の集大成

 

スポンサーリンク

詳細

パッケージ

価格は税込み150円です。

ローソンの低糖質パンの価格帯はすっかりこのラインが定番となってしまい、値上げされた感があります。

 

栄養成分

栄養成分

 

成分(1個あたり)
成分 分量
カロリー 173 kcal
たんぱく質 7.8 g
脂質 9.3 g
炭水化物 19.8 g
 糖質 9.1 g
 食物繊維 10.7 g
食塩相当量 0.3 g

 

糖質量は9.1 gと他のローソンの低糖質パンと比較しても低めです。

似たようなブランのヨーグルトホイップパンが11.0gだったのでかなり低いと言えます。

この大きさで10g以下なのは普通に凄いですね。

 

のぶ(管理人)
ブランパンなのでもちろん食物繊維も豊富です。

 

原材料

原材料

原材料名 チョコフラワーペースト(国内製造)、ミックス粉(植物性たん白、大豆粉、小麦ふすま、イヌリン、オーツブラン粉末、シトラスファイバー、米ぬか、エリスリトール、殺菌乳酸菌パウダー)、ホイップクリーム、植物油脂、卵、パン酵母、蜂蜜、アーモンド、ぶどう糖、小麦粉、発酵風味料、食塩、乳等を主要原料とする食品/加工デンプン、グリシン、糊料(増粘多糖類)、酢酸Na、香料、乳化剤、メタリン酸Na、pH調整剤、V.B1、(一部に乳成分、卵、小麦、オレンジ、大豆を含む)

 

商品名はブランとなていますが、ミックス粉には大豆粉も使われています。

ミックス粉の成分は毎回変わっていて、米ぬかなども入っており、ローソンが日々低糖質でおいしいパンを作ろうとする熱意が伝わってきます。

他には、イヌリンやエリスリトールといった低糖質な甘味料を使用しています。

 

のぶ(管理人)
ローソンの低糖質パンでは定番の材料ばかりです。

 

レビュー

パンの上にはローストアーモンドが載っています。結構載っていて嬉しいところです。

パッケージ

中にはチョコホイップとチョコクリームがぎっしり詰まっています!

最近は中身がスカスカの商品とかが騒がれていますが、こちらは期待を裏切らないボリュームです。

パンの中身

パンの匂いで若干のブラン臭がしますが、チョコの甘い香りで上書きされてそこまで気にはなりません。

チョコは甘みもしっかりあり、菓子パンとして違和感なしです。

ホイップのクリーミーさとチョコクリームがマッチしてかなりおいしいです。

成分には載っていませんが、おそらくこのクリームにも低糖質な甘味料が使われていそうですね。

ボリュームも多くて、満腹感はかなりあります。

 

まとめ

ブランのチョコホイップパンの評価になります。

評価

  • 味  :
  • 糖質量:
  • 満腹感:
  • 価格 :

総評

  • 低糖質なのにボリューミー
  • チョコクリームも普通に甘くておいしい

味も糖質も満腹感も優秀なさすがローソンと言える一品です。

ボリュームも多くて、この量で糖質量が10g以下なので、糖質制限ダイエット中に普通に食べられる菓子パンと言えます。

是非定番化して欲しい商品ですね。

 

スポンサーリンク

-ローソン, 低糖質パン, 糖質制限

© 2022 nobu no blog Powered by AFFINGER5