ローソン 低糖質パン 低糖質食品 糖質制限

【糖質17.7g】ブランのクリームチーズあんぱんの実食レビュー【ローソン】

ブランのクリームチーズあんぱんパッケージ

こんにちは、のぶです!

恒例のローソンの低糖質パンの新発売商品、ブランのクリームチーズあんぱんを紹介します。

 

スポンサーリンク

ブランのクリームチーズあんぱんとは?

ふすまの味わいを抑え食べやすいブラン生地に、糖質をおさえたあんことチーズクリームを包み、ごまをトッピングし焼き上げました。

ローソンHPより

 

ローソンでの低糖質なパンとしての定番の小麦のブラン(ふすま)を使用したパンですね。

パンだけではなく、あんこやクリームチーズ、ごまといった具材も低糖質にこだわった商品のようです。

クリームチーズやごまは元々が低糖質ですが、砂糖の塊のあんこが糖質をどれくらい含まれているかがカギとなりそうです。

 

スポンサーリンク

詳細

ブランのクリームチーズあんぱんパッケージ

価格は税込み150円です。

最近のローソンの低糖質パンの中では一般的な価格です。

 

栄養成分

ブランのクリームチーズあんぱん栄養成分

 

成分(1個あたり)
成分 分量
カロリー 175 kcal
たんぱく質 7.7 g
脂質 5.7 g
炭水化物 28.6 g
 糖質 17.7 g
 食物繊維 10.9 g
食塩相当量 0.4 g

 

糖質量は17.7 gと他のローソンの低糖質パンと比較すると若干高めですね。

前回紹介した、もち麦の板チョコパンの糖質も約15gと大きかったですが、味の方にシフトした低糖質パンのようですね。

【糖質14.8g】もち麦の板チョコサンドは糖質多め?実食レビュー【ローソン】

原材料

ブランのクリームチーズあんぱん原材料

原材料名 つぶあん(国内製造)、チーズクリーム、小麦粉、植物性たん白、植物油脂、大豆粉、卵、ごま、糖類、小麦ふすま、パン酵母、イヌリン、おーうブラン粉末、シトラスファイバー、米ぬか、乳等を主要原料とする食品、発酵風味料、食塩、エリスリトール、殺菌乳酸菌パウダー/加工デンプン、ソルビット、糊料(加工デンプン、増粘多糖類)、グリシン、酢酸Na、香料、リン酸塩(Na)、pH調整剤、乳化剤、カロテノイド色素、(一部に乳成分、卵、小麦、オレンジ、ごま、大豆を含む)

ブランを全面に出していますが、小麦粉や大豆粉なども使用されているようですね。

大豆粉の糖質量は、100gあたりは19.3gと低糖質な素材なので、ローソン含め様々な商品で使用されている低糖質の素材です。

その他にはイヌリンといった低糖質な甘味料(糖質量 7g /100 g)を使用しています。

つぶあんに関しては、低糖質なイヌリンが使われているのか不明ですが、何かしらの低糖質な甘味料などが使用されているのではと推測します。

 

レビュー

大きさは普通〜小さめといったところでしょうか。

パンの上には、2色のごまが載っていて見た目が華やかです。

ブランのクリームチーズあんぱん

中にはつぶあんが入っていてその上にクリームチーズが載っています。

思ったよりも空洞がありますね。

ブランのクリームチーズあんぱん

酸味の効いたクリームチーズと、甘味がしっかりあるつぶあんがミックスされた味です。

酸味が意外と強いので、味は好みがわかれてしまいそうな気がします。

(個人的にはありです。)

 

まとめ

評価になります。

評価

  • 味  :
  • 糖質量:
  • 満腹感:
  • 価格 :

総評

  • 酸味の効いたクリームチーズとあんがミックスされた独自の味
  • 糖質は低くないので注意

クリームチーズの独自の酸味がアクセントになったあんぱんです。

好みが分かれそうですが、ハマる人にはハマると思います。

ただし、糖質量はそこまで低くないので糖質制限の観点ではあまりオススメできないですね。

下記でローソンの低糖質パンの全件レビューをしていますので、合わせてチェックしてみてください!

【2021年】ローソンの低糖質パンの全種類の実食レビュー【ロカボ、糖質制限】

スポンサーリンク

-ローソン, 低糖質パン, 低糖質食品, 糖質制限

© 2022 nobu no blog Powered by AFFINGER5