お菓子 お菓子 ローソン 低糖質食品 糖質制限

【糖質7.2g】ナチュラルローソン アーモンドクリスピーチョコレート ラズベリー味はサクサク感が追加された低糖質チョコ


今回は、ローソンで販売されている低糖質なナチュラルローソン菓子の「アーモンドクリスピーチョコレート ラズベリー味」を紹介します。

その他のナチュラルローソンの低糖質なお菓子の実食レビューを下記にまとめていますので合わせてご覧ください。

【低糖質】ナチュラルローソン菓子の全30種類レビュー。ロカボでおいしいのはどれ?

 

スポンサーリンク

パリッとなめらか カカオ70%チョコレートとは?

甘酸っぱいラズベリーが香る、食感をたのしむひと粒です。

ローソンHPより

パッケージに書かれたこだわりのポイントは下記の通りになっています。

1袋食べても気になる糖質は7.2g。

食物繊維の一種イヌリンを使用し、不足しがちな食物繊維10.2gを1袋で摂取できます。

低糖質なのはもちろんのこと、イヌリンといった食物繊維を配合する事で、食物繊維が多めになっているのが特徴のようです。

 

今回紹介する商品は、ナチュラルローソンお菓子の中で定番のロングセラーとなる「アーモンドチョコレート」をベースにしている商品に見えます。

ただし、クリスピーという商品名がついているので若干異なるのかもしれませんね。これから確認していきましょう。

【糖質4.9g】ナチュラルローソン アーモンドチョコレートは超低糖質なロングセラー定番商品

 

商品詳細

価格は税込み215円です。

ナチュラルローソンのチョコレート系お菓子は200円のものが多かったので昨今の物価高の影響で値段が少し上がったようですね。

 

原材料

原材料名 チョコレート(イヌリン、ココアバター、全粉乳、植物油脂、砂糖、ラズベリーパウダー)(国内製造)、アーモンド、小麦パフ(小麦粉、甘薯でん粉、モルトエキス、食塩)、水飴/乳化剤、酸味量、香料、着色料(紅麹)、光沢剤、膨張剤、(一部に乳成分、大豆を含む)

原料としては、チョコレートに加えて、小麦パフが新たに使用されており、これまで発売されてきたアーモンドチョコレートから変化しています。

これがクリスピーといった商品名を変更した理由でしょうね。

それ以外は基本的にこれまでと大きい違いは無いようです。

 

栄養成分

成分(1袋 40gあたり)
成分 1袋
カロリー 221 kcal
たんぱく質 4.4 g
脂質 17.2 g
炭水化物 17.4 g
 糖質 7.2 g
 食物繊維 10.2 g
食塩相当量 0.06 g

糖質量は1袋7.2gと低糖質。

類似商品のアーモンドチョコレートが4.9gだったので増加していますね。

恐らくこれは、先ほど原料でも触れた小麦パフと、ラズベリー自体の糖質によるものが起因されているかと思います。

とはいっても、それでも十分に低糖質なので問題ないレベルです。

イヌリンのおかげで、食物繊維も非常に豊富なのは嬉しいポイントです。

 

レビュー

ラズベリーらしいルージュな色合いで、非常に光沢があって高級感がありますね。

触感もつるつるです。

中はチョコレート層、クリスピー層、アーモンドの3層に別れています。

クリスピー層が追加された事で、アーモンドの硬めなサクサク感に加えて、柔らかめなサクサク感も味わえるようになって、以前にも増して食感の良さが増しています。

ラズベリーの酸味がチョコレートの甘さとマッチして、フルーティーなチョコレートとして高いクオリティとして仕上がっています。

個数も結構あるので、かなり満足感も高めです。

 

スポンサーリンク

まとめ

評価になります。

評価

  • 味  :
  • 糖質量:
  • 満腹感:
  • 価格 :

総評

  • サクサクのクリスピー感とアーモンドの硬さが良い
  • ラズベリーの酸味とチョコの甘さがマッチ
  • 低糖質

これまで発売されたアーモンドチョコレートと比較して、糖質が増加したもののクリスピー感が増して、より食感がパワーアップしています。

ラズベリーのフルーティーな酸味もチョコと相性が良く、味も問題なしです。

糖質制限中のおやつとしてかなりオススメです!

 

【2022年】ローソンの低糖質パンの全種類の実食レビュー【ロカボ、糖質制限】

スポンサーリンク

-お菓子, お菓子, ローソン, 低糖質食品, 糖質制限

© 2022 nobu no blog Powered by AFFINGER5