パン ローソン 低糖質パン 低糖質食品 糖質制限

【糖質10.2g】ローソン もち麦のツナチーズベーグルは低糖質でチーズとツナの相性がバッチリ


今回はローソンの新発売商品のローソン もち麦のツナチーズベーグルを紹介します。

 

スポンサーリンク

もち麦のツナベーグルとは?

オリーブオイルを配合した、もっちりベーグルに相性がよいツナとチーズをサンド。

ローソンHPより

低糖質なもち麦素材のベーグルにツナとチーズをトッピングしたパンのようです。

ツナもチーズもどちらも低糖質な原料となっていて、パンも具材も低糖質なのでかなり期待がもてます。

最近のローソンは新しいシリーズとしてベーグルの低糖質パンを数多く発売しており、そのシリーズの一環の新商品となっていますね。

【糖質15.9g】ローソン もち麦のくるみベーグル チョコクリームはもちもちで低糖質なチョコクリームが特徴

【糖質14.5g】ローソン もち麦のダブルベリーベーグル チーズクリームは低糖質だけど少し中途半端?

【糖質10.0g】ローソン もち麦のチーズベーグル チーズクリームはもちもち低糖質

 

スポンサーリンク

詳細

価格は税込み151円です。

最近の低糖質パンは150円前後がのものが多いので、一般的な価格帯の商品となっています。

 

栄養成分

 

成分
成分 1個
カロリー 161 kcal
たんぱく質 8.2 g
脂質 8.3 g
炭水化物 16.6 g
 糖質 10.2 g
 食物繊維 6.4 g
食塩相当量 1.1 g

糖質量は1個で10.2gと、低糖質に仕上がっています。

これまでの低糖質ベーグルは10~15g程度の商品となっていたので、低めの部類になっています。

 

原材料

原材料名 ミックス粉(植物性たん白、大豆粉、大麦粉(もち麦粉)、でん粉、イヌリン、オーツブラン粉末、シトラスファイバー、植物油脂、小麦粉)(国内製造)、ツナサラダ(まぐろ油漬け、ドレッシング、たまねぎ、その他)、小麦粉、プロセスチーズ、植物油脂、食塩、パン酵母、発酵風味料、麦芽エキス、ライ麦粉/加工デンプン、乳化剤、酢酸Na、糊料(増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、グリシン、pH調整剤、カゼインNa、イーストフード、V.C、カロテノイド色素、グリセリンエステル、香辛料抽出物、酵素、(一部に乳成分、卵、小麦、オレンジ、大豆を含む)

パンの原料としては、大豆粉、もち麦粉、といったローソンの低糖質パンではお馴染みの低糖質原料が使用されています。

その他にはイヌリンといった低糖質な食物繊維なども使用されていますね。

 

レビュー

ベーグルらしく、輪っか上になっています。

パンとしての見た目にオーソドックスなものですが、チーズが溶けてはみ出してて、中の空洞はチーズで膜が張られています!

中にはチーズとツナが入っています。チーズのボリュームが思った以上に入っています。

チーズの自己主張が強いです。

もっちりとしつつ中は程よく硬さのあるベーグルの食感がちょうど良い塩梅です。

チーズのコクと苦味がツナの濃厚な味わいが意外にもマッチして惣菜パンとしてしっかりとした味が楽しめます。

 

トースト

ベーグルですのでトーストしてみました。

ベーグルがもちもちからサクサクの食感に変化して、これまでと違う食感が楽しめます。個人的にはサクサク感がある方が好きです。

 

チーズもとろけて、より味わいが増していています。

 

まとめ

評価になります。

評価

  • 味  :
  • 糖質量:
  • 満腹感:
  • 価格 :

総評

  • もちもちのベーグルの食感
  • ツナとチーズの相性が良い
  • トーストするとサクサク
  • 低糖質

これまでのベーグルは甘いお菓子系がメインとなっていましたが、惣菜ベースのベーグルとしてしっかりと仕上がっていました。

低糖質な食事系のパンとして、新しい選択肢ができたと思います。

 

【2022年】ローソンの低糖質パンの全種類の実食レビュー【ロカボ、糖質制限】

 

スポンサーリンク

-パン, ローソン, 低糖質パン, 低糖質食品, 糖質制限

© 2022 nobu no blog Powered by AFFINGER5