アサヒ お菓子 低糖質食品 糖質制限

【Asahi】1本満足バー3本の実食レビュー バラエティ豊かで低糖質!【プロテインチョコ、ヨーグルト、ストロベリー】

こんにちは、のぶです!

今回は、アサヒグループ食品から発売されている、「1本満足バー 」3種類をを紹介します。

  • プロテインチョコ
  • プロテインヨーグルト
  • プロテインストロベリー

以前、1本満足バーの低糖質特化したプロテインブラックを紹介しましたが、一般的なラインナップの商品の紹介になります。

【Asahi】1本満足バー プロテインブラックは超低糖質なプロテインバー!!

【Asahi】1本満足バー プロテイン・ラン ベイクドチーズはほろほろの食感が特徴的な低糖質バー

 

本商品含めて、全ての低糖質プロテインバーを下記で紹介しています。

【ロカボ】低糖質なプロテインバーのまとめ。味も食感もバラエティ豊かなロカボ生活を。

その他にも様々な低糖質プロテインバーを紹介していますので合わせてご覧ください。

【5.8g】トップバリュのプロテインバー シリアルチョコビターは超低糖質

【森永】inバー プロテイン 低糖質4種類の実食レビュー。どれがオススメ?【プロテインバー】

 

スポンサーリンク

1本満足バーとは?

  1. おいしさと食べごたえでダブルの満足
  2. 食物繊維とビタミン5種配合
  3. バータイプでいつでも手軽に食べられる

公式HPより

アサヒグループ食品から発売されている、プロテインバーのブランド「1本満足バー」の商品になります。

1本満足バーにはその他にもシリアルやベイクドといったシリーズもありますが、こちらのプロテインシリーズはタンパク質に加えて糖質が低めなのもポイントです。

 

入手方法

入手方法としては、ドラッグストアやスーパーマーケット、コンビニで入手できます。

このシリーズは結構有名なので、コンビニでの取り扱いも多いです。

 

 

プロテインチョコ

価格は税込み162円です。(参考価格)

 

手軽にたっぷりプロテインが摂れるシリアルタイプのチョコレートバーです。

カカオが香るミルクチョコを使用し、プロテイン入りとは思えない美味しさを実現。レーズンの爽やかな酸味がアクセント!スポーツ時に嬉しい、プロテイン15g・5種のビタミン・必須アミノ酸9種配合。

メーカーHP

 

原材料

原材料名 チョコレート(砂糖、カカオマス、全粉乳、植物油脂、ココアバター、その他)(国内製造)、大豆パフ(大豆たん白、でん粉、植物油脂)(小麦を含む)、ホエイたん白、植物油脂、大豆加工品、レーズン、グルコマンナン/炭酸Ca、乳化剤、トレハロース、ロイシン、香料、リジン、バリン、イソロイシン、スレオニン、V.E、フェニルアラニン、メチオニン、ヒスチジン、V.B₆、V.B₂、トリプトファン、V.B₁、V.B₁₂

原材料として、大豆パフが使用されています。

大豆は低糖質な食材としてよく使用されており、大豆粉としてローソンの低糖質パンなどでよく使用されていますね。

プロテインブラックは低糖質な甘味料が多く使われていましたが、こちらは特に使用されていないようですね。

 

栄養成分

成分(1個 39gあたり)
成分 成分
カロリー 183 kcal
たんぱく質 15.0 g
脂質 8.5 g
炭水化物 12.1 g
 糖質 11.0 g
 食物繊維 04. ~ 1.8 g
食塩相当量 0.3 ~ 0.6 g

糖質量は11.0g。プロテインブラックの2~5gと比較すると少し多めですが、それでも一般的なプロテインバーとして見ると平均的で糖質量は少ないといえます。

タンパク質や各種ビタミンが豊富なのも嬉しいポイントですね。

 

実食レビュー

パフをチョコをびっしりとコーティングされた見た目です。

中にもびっしりパフが入っています。

こういったパフを固めたプロテインバーは硬めのものが多いですのが、こちらは柔らかめで食べやすく仕上がっています。

パフのザクザク感も楽しめて、食べがいもあります。

チョコの甘さはしっかりとあり、ミルキーな風味があってチョコバーとして高いレベルに仕上がっています。

評価

  • 味  :
  • 糖質量:
  • 満腹感:
  • 価格 :

 

プロテインヨーグルト

価格は税込み162円です。(参考価格)

 

手軽にたっぷりプロテインが摂れるシリアルタイプのチョコレートバーです。甘酸っぱいヨーグルト風味のチョコを使用し、プロテイン入りとは思えない美味しさを実現。

レーズンとクランベリーの爽やかな酸味がアクセント!スポーツ時に嬉しい、プロテイン15g・5種のビタミン・必須アミノ酸9種配合。

メーカーHP

 

原材料

原材料名 チョコレート(乳糖、ココアバター、砂糖、植物油脂、全粉乳)(国内製造)、大豆パフ(大豆たん白、でん粉、植物油脂)(小麦を含む)、ホエイたん白、乳等を主要原料とする食品、大豆加工品、レーズン、ドライクランベリー、ヨーグルトパウダー、グルコマンナン、食物繊維/炭酸Ca、乳化剤、トレハロース、酸味料、ロイシン、リジン、香料、バリン、イソロイシン、スレオニン、V.E、フェニルアラニン、メチオニン、ヒスチジン、甘味料(スクラロース)、V.B₆、V.B₂、トリプトファン、V.B₁、V.B₁₂

こちらもメインの原材料として、大豆パフが使用されています。

甘味料としてスクラロースといった低糖質な甘味料が使用されているのが特徴ですね。

体内に吸収されにくい甘味料なので、低糖質な食品で多く使用されています。

 

栄養成分

成分(1個 39gあたり)
成分 成分
カロリー 182 kcal
たんぱく質 15.0 g
脂質 9.0 g
炭水化物 10.65 g
 糖質 10.0 g
 食物繊維 0.1 ~ 1.2 g
食塩相当量 0.2 ~ 0.6 g

糖質量は10.0g。こちらも十分低糖質となっていますね。

 

実食レビュー

ヨーグルト味ということで、真っ白な色になっています。

ヨーグルトの匂いがして、食欲をそそります。

大豆パフに加えて、レーズンとクランベリーが入っているのが見えますね。

こちらも大豆パフのザクザク感が楽しめます。

味としてはヨーグルトらしく酸味が効きつつも、ミルクの風味もあってかなりおいしいです。

ベリーとレーズンがヨーグルトの酸味とマッチしていて、様々な風味が楽しめて飽きないのも良いです。

評価

  • 味  :
  • 糖質量:
  • 満腹感:
  • 価格 :

 

プロテインストロベリー

価格は税込み162円です。(参考価格)

 

手軽にたっぷりプロテインが摂れるシリアルタイプのチョコレートバーです。

酸味のある爽やかな味わいのストロベリー風味のチョコを使用し、プロテイン入りとは思えない美味しさを実現。

レーズンの爽やかな酸味がアクセント!スポーツ時に嬉しい、プロテイン15g・5種のビタミン・必須アミノ酸9種配合。

メーカーHP

 

原材料

原材料名 チョコレート(乳糖、ココアバター、砂糖、植物油脂、全粉乳)(国内製造)、大豆パフ(大豆たん白、でん粉、植物油脂)(小麦を含む)、ホエイたん白、乳等を主要原料とする食品、大豆加工品、レーズン、いちご加工品、グルコマンナン、食物繊維/炭酸Ca、乳化剤、トレハロース、酸味料、ロイシン、香料、リジン、ベニコウジ色素、バリン、イソロイシン、スレオニン、V.E、フェニルアラニン、メチオニン、甘味料(スクラロース)、ヒスチジン、V.B₆、V.B₂、トリプトファン、V.B₁、V.B₁₂

こちらもメインの原材料として、大豆パフが使用されています。

甘味料として低糖質なスクラロースが使用されているのも、プロテインヨーグルトと同じですね。

 

栄養成分

成分(1個 39gあたり)
成分 成分
カロリー 185 kcal
たんぱく質 15.0 g
脂質 8.8 g
炭水化物 11.65 g
 糖質 11.0 g
 食物繊維 0.1 ~ 1.2 g
食塩相当量 0.2 ~ 0.6 g

糖質量は11.0g。こちらも十分低糖質となっていますね。

 

実食レビュー

ストロベリーらしくピンク色の見た目になっています。

中には大豆パフに加えて、レーズンが入っていますね。

こちらは少し硬めですが、大豆パフのザクザク感は同じく楽しめます。

いちごの酸味がミルキーなチョコとの相性がバッチリで、レーズンも甘さの効いたアクセントになっています。

個人的には一番好みの味です。

 

評価

  • 味  :
  • 糖質量:
  • 満腹感:
  • 価格 :

 

スポンサーリンク

まとめ

3種類の商品を紹介しましたが、最後に成分の比較をしてみましょう。

成分(1個あたり)
成分 プロテインチョコ プロテインヨーグルト プロテインストロベリー
カロリー 183 kcal 182 kcal 185 kcal
たんぱく質 15.0 g 15.0 g 15.0 g
脂質 8.5 g 9.0 g 8.8 g
炭水化物 12.1 g 10.65 g 11.65 g
 糖質 11.0 g 10.0 g 11.0 g
 食物繊維 04. ~ 1.8 g 0.1 ~ 1.2 g 0.1 ~ 1.2 g
食塩相当量 0.3 ~ 0.6 g 0.2 ~ 0.6 g 0.2 ~ 0.6 g

どちらも糖質量では大きい違いはありませんね。糖質量としては10g前後となるので、糖質制限中のおやつとしても十分実用レベルです。

あとは味の好みだと思いますので、

「オーソドックスなミルクチョコが楽しみたいならば、プロテインチョコ」

「ヨーグルトの酸味とミルキーな風味が楽しみたいならば、プロテインヨーグルト」

「いちごのフルーティーさと酸味が楽しみたいならば、プロテインストロベリー」

が良いと思います。

ヨーグルトとストロベリー味は、この糖質量ではあまり見かけないので、珍しさはあるかもしれませんね。

入手も容易ですので、まずはお近くのスーパーやコンビニ、ドラッグストアで探してみてください!

 

スポンサーリンク

-アサヒ, お菓子, 低糖質食品, 糖質制限

© 2022 nobu no blog Powered by AFFINGER5